――  第 二 話  ――
            

☆  
左 手 の 話  <そ の @>
 左手はもしもしのポーズが基本! もしもしのポーズはHalf  Positionでの位置決めのみならず肘,脇の開き,手首の状態など、全て(High Position を除き)に於いてこのポーズが力学的においても Mind 的においても理にかなっているからで、もっとも左手が自由に動く状態を作ってくれる最初の重要な基本姿勢です。
 肘の角度,脇の開き,ネックと肘から手首への線の角度など、全て90度でという教え方がその昔存在しましたが、これは見た目がイカツイだけで力学的に何のメリットもなく、腕の動きに制限が発生し、 Play しにくくなり,疲れ易く,肩もこり易く,おまけにMind(頭の中&心の中)もカラッと晴れ渡ることはありません。技術の低下ややる気の低下に陥ります。


 もしもしのポーズは比較的容易にご理解頂けると思いますが、問題はこの次の話です。このもしもしポーズでは、肘から手首&手の甲の面が一面上にまっ平らになるようにします。コツは左手をぶらりと下げ、指先は延ばします。次にもしもしポーズ位置まで腕を上げ、そこから指先を曲げてネックを握る体勢を作ります。この状態(フォーム)は手首への負担がもっとも少なく且つ背筋,上腕筋などの大きな筋肉の力をそのまま指先まで運べる重要なフォームになります。そしてこのフォームからG線上に4本の指全てを乗せ(人差し指,中指,小指は必ず半音の間隔になっているようにしておきます)、親指を使って握るのではなく、じわりと耳元に向かって腕全体で引き付けると弦は自然に指板にくっ付きます。最後に親指で軽く握りを効かせて完了です!
 文面ではこれ以上の説明は難しくなりますが、D線、更には抱き込み風の感じに移行していきますが、A線,E線とこのシステムを応用していけば、弦はかなりのパーセンテージで大きな筋肉のみで押さえることが出来るようになります。こうすることにより音質の安定感,音の立ち上がり時のクッキリ感,最大音量の上限の底上げ,長時間のプレイが可能になる耐久性などが得られます。親指のみで握る握力系の筋肉の使用は直ぐにバテが来るだけでなく、細い小さな筋肉を使いつづける事になるので傷める可能性が高まります。確かに握力も多少必要にはなりますが、なるべく大きな筋肉の使用を中心に考えていきましょう。
 ウッドベースは楽器がデカイので、物理的に力学的に最小限の力で最大の音を生み出す工夫を常に探していくことが大切になります。 とにかく、体をうまく使っていく、ということです!!