――  第 一 話  ――


☆ エンドピンのセッティング


 エンドピンの長さはどれ位にするのが適切かを探っていくのにこれが案外長時間(数年)を要します。そこで、ニュートラルな基準を紹介します。



 まず、演奏時にもっともよく使う Position である Half  Position が基準になります。このPositionが取り易く且つリラックスできる位置に楽器の高さ(エンドピン)を調節するのですが、問題はどの姿勢がその条件を満たしているか?です。それは、日常もっとも安定して持ってこれるであろう電話時のもしもしのポーズ位置。この位置にHalf  Positionを持ってこれるようにエンドピンの長さを Set すれば万事OK! ただ、構えた時の楽器の「傾き」が問題になってきますが、もしもしポーズで耳元にHalf  Positionを持ってくることによってリラックス感を感じる「傾き」を見つけていけばこの点に関して、かなりの部分で自然解決してくれると思います。まずは左耳元にもしもし位置を持ってくることが最重要 Point です。
 後、楽器が腹部に触れる(当たる)位置は、エンドピンのセッティングと楽器の傾きがほぼ決まるとかなり自動的に決まってしまいますが、平均的に言えば、オヘソのやや斜め左下,左腹部下方の骨盤のやや出っ張りがある辺りの少し内側に楽器の横板の平らな部分ではなく、裏板とのエッヂ部分を宛がえばいいでしょう。 


 これは後々のことですがリズムに関する話です。Half  Positionを「もしもし位置」よりやや低めにエンドピンを Set すると Behind  Beat 系 いわゆる 後のりタイプ になり、反対にやや高めに Set すると Top Beat 系(前のり)の傾向パターンが発生します。これにはある程度「もしもし位置」での練習を積んで演奏段階に入った時点で少しずつ自分に合ったフィーリングで「もしもし位置」の微調整をしていって下さい。この場合の基準はあくまで自分の中での感触です。



余談になりますが、数人のピアニストやドラマーにこの話をしたところ、ピアノやドラムでも同じような傾向があるそうで、ピアノ,ドラムに共通して椅子の高さが高い人は前のりタイプで低い人は後のりタイプだそうです。  何故だかはわからないんですが、リズムセクションに共通した興味深い話です。