< Jazz One Point 講座 そのB  >

♪  BeBop  ♪
【2000.11.29】

 Jazzの世界で ビ・バップほど重要なデータバンクはない。ブルース,リズムチェンジ,スタンダード,オリジナル etc. どんなタイプの音楽をするにも、ことJazzをやろうと思うなら、“やっぱり ビ・バップ をやらないと”というアドバイスを受けて来た人は全体の中でどれはどのパーセンテイジになるだろう? まず、かなり高いパーセンテイジになってるのは間違いないと思う。私自身も時々つい言ってしまうケースは何度かあった。

 が、最近になって高いパーセンテイジであるはずの頭数の割りに、実際にビ・バップをいい感じで習得していく人は意外に少ないように思えてきた。間違いなく正しいアドバイスであるはずなのにこの現状になってしまっている原因は、まず世代が違うのが一番であるのはしかたないにしても、恐らく二番目に来る原因・理由はもしかして、そうは言われたもののどんな風に習得していけばいいのか全くわからないまま熱がさめて、せっかくのアドバイスを置き去りにして別の練習や勉強を進めてしまうケースになってるんじゃないかと思うようになってきた。
 そこで、もしアドバイスを受ける側に立ったとして、実際にビ・バップを作り上げてきた人達と‘肌’で接して学べてこれた我々の世代と、情報としてそこから学んで行くしかない世代とでは 言うは易し 行うは難し で、もう一歩踏み込んで少しとっかかりを付け加えてやった方がいいんじゃないかと考え、例えばこういう付け加えはと思っている。 “パーカー,ディジー,パウエルetc. 巨匠達が残したビ・バップチューンの‘テーマリフ’をとにかく瓜二つ状態・まったくのユニゾン状態で演奏できるように練習を積んでいけば、確かな目標が具体的にはっきりするし、リフの一つ一つの音符の微妙なタイミングも聞き分けられるようになるんじゃないか”

 一口にビ・バップと言っても広〜ござんすだし、こういった取っ掛かりからだとこれからの世代の人達にもいい階段を提供できるし、微妙なタイミングが見えてきたらそれこそアドリブの中身のコミュニケーション具合も理解でき、さらなるステップもそこからだと360°どこにでも思う方向に進んでいけばいい。ともあれ‘ビ・バップチューンのテーマリフ’、少し手強いが絶対に裏切らないのでまずは立ち向かってほしい。ポイントは タッチとタイミング!!


                               新 太 郎