今回は随分前に書いていた‘オクラ入り’、といっても内容的に オクラ になったのではなく、PCの立ち上げ面での諸問題があり、結局今になってもかなり大掛かりな手順を踏まなければいけないことが判明し、そんな大掛かりなことはできる訳がないのでやむなく文章で補いながら話を進めていくことにしたものです。読者の皆様、申し訳ありませんが‘豊な想像力’のほどよろしくお願い致します。
【2000.9.26

< Jazz One Point 講座 そのA  >

♪  Motion of 5th  と  四度進行  ♪
【2000.9.26】

 今回は久し振りの One Point 講座です。と言ってもむしろ私くし事で大変恐縮なんですが、つい先日レッスン中に四度進行の話をしていた所、英語では Motion of 5th と言うのに日本では “四度進行” と言う習慣になっていて、なんで向こうは5度でこっちは4度なんだ? となってピアノで四度進行と5度進行を弾き分けてみた所、ゾクッとしてびっくりしてしまって、つまり四度進行を

  −*1−
  ここで本来ならピアノ譜用の五線 2段分が登場します。これを文章でご説明しますので、
   何とかご理解、ご協力のほどを!)


 まず、ト音記号(2段の五線譜の上段の方)の下第一下線上に C の音(ピアノでいう真ん中の C )を全音符で、次に(小節を区切る Bar は外して頂いて)すぐ四度上の F (五線上の第一間)の音を同様に全音符で(実は別に全音符でなくてもいいのですが)、同じ手順でその F の5度下の B♭、次はその B♭の四度上の E♭、この次はその5度下のA♭、随時 四度上,5度下 のパターンで  D♭,G♭,B E A D Gそして C として頂いてこれをピアノで弾いてみる(すみませんがこればかりは実際にやって頂くしかありません)。

(本文のつづき)
のように弾き次に5度進行、いわば Motion of 5th を

  −*2−
 *1のスタートと同音の C の音から初めに5度下の F を取り次にその F の四度上の B♭を取る。その後は*1とは逆に5度下,四度上のパターンで先ほどの B♭の5度下の E♭、その四度上のA♭、以下 D♭,G♭,B E A D G ,そして C としてピアノを弾いて頂く。 要は、スタート音の C の音から最初に四度上の F を取るか、5度下の F を取るかが違いです。

(本文のつづき)
のように弾いてみた。 すると どうだろう、驚くことに Motion of 5th の方は実に流れがスムースなのだ! 広がり感もあるし、とても気持ちいい(Bassistだからかなぁ?)。 それに比べて 四度進行 はどこか計算上の音の展開みたいな感じで何と言うか、タイトで角々しく、流れているとは言い難い。先ほどの譜面上(*1,*2の説明文)の音をもう 1オクターブ 下げて弾くとその実態は益々もって明らかになってくる。ちょっとした音の見方,見つめ方なんだけど、こういうのが将来の音楽の基盤にとても大きな影響を及ぼすのは今や疑う余地はない!! アメリカや西洋に反発する気持ちで四度進行と言い出したのか、はたまた「なんだ、これなら四度でいいじゃないか」と短絡的にこう言うようになったのかは知らないが、今後の日本の音楽シーンを考えると、こういった日頃の目立たない所でのトランスレートを今一度再チェックしていく必要があるかもしれない。
 ただ、20数年音楽をやってきてやっと今になって Motion of 5th を理解したと
いう点は、・・・ 実におはずかしい。


                               新  太  郎



   あとがき 
  ということなんですけど判って頂けたでしょうか? いずれこの譜面を UP
 きるようになればすぐにでもご紹介するつもりにしています。 今、しばらく!!!


  p.s.  う〜ん、今回は苦しかったなぁ。やっぱ音楽は音を聞いてもらうに限る!
     言葉で伝えられないことでも、音(音楽)なら伝えられる所に値打ちがある
     んだもんなあ。  うじうじうじうじ ・・・・・