§6 Bass Playで痛みがでたら
 

 ここまでの記載事項は、整形外科の領域に分類される項目です。痛みが出たら、まず
整形外科専門医の診察を受けることをお勧めします。以下のことに日頃から気をつけると
良いと思います。

a. Playの前後にストレッチを行い、筋肉のウォームアップとクールダウンを必ず行う。(必
  要最小限のものとしては§1、2と§3のa、bは外さない方がいいと思います。)

b. 無理なフォームは、骨や関節に過重な負担をかけることになるので、疲労がたまるよ
  うであればフォームのチェックをすること。

c. 肘から指先にかけての筋力トレーニングは、Playの強化に馴染まないことが多い。
   筋トレは肩周辺から体幹部、脚までにすること。

d. Playが終った時、筋肉の部位を触ってどうも他の部位よりも熱っぽく発熱していると思
  ったら、軽く筋肉をストレッチした後で冷やすこと。氷のうでも冷湿布でも冷えた缶ビー
  ルでもよいので、患部に当てて冷やして下さい。熱が取れて来たと思ったら冷やすの
  を止め、手袋やサポーター等で温め、組織の血行をよくして下さい。

e. 関節部位や腱鞘(一般にスジといっている部分)に沿って、指や手首を動かした時
  に痛みが出た場合は、直ちにPlayを止めて患部を冷やし、整形外科専門医の診察を
  受けて下さい。またこの場合には、十分な休息と時間をかけたリハビリテーションが必
  要になります。

f. 痛みが出ると云う事は、身体の組織が壊れてしまうと云う警告です。謙虚に受け止め、
  休むこと。

以 上 で ご ざ い ま す !

 

HOME

(c)2004-2005 Shintaro Nakamura All Right Reserved.