§4 肩と肩甲骨周辺のストレッチ
 

 肩と肩甲骨周辺の筋肉は二の腕(上腕部)を動かすほか、Bass Playにおいては指先に細かい動きをさせる為に、肩や上腕部を動かさない様に固定する働きをしています。
 また、中高年となり四十肩や五十肩に罹ってしまうと、Bass Playにも大変支障を来します。ストレッチ等をして肩関節周辺を柔軟にすることによって、四十肩や五十肩の予防にもなります。
 この部位のストレッチは、普段の「ノビ」をしてアクビを誘発する様な動きで十分なのですが、それでは芸が無いし、演奏しているお店の人に不愉快な印象を与えてもいけませんので、そう見えないやり方を説明します。

 

a. まずは首の横から肩、また肩の外側にかけて伸ばします。背中に両手をまわして、
  左手で右の手首をつかみます。 そして、左手で斜め下に軽く引きながらゆっく
  りと頭を左側に傾けて伸ばします。 反対側も同様にストレッチして下さい。
  強度は手の引っぱり具合と、首の傾ける角度で調節して下さい。

b. 肩甲骨周辺と肩の後ろ側にかけてのストレッチ
  右手をまっすぐ前に伸ばして 右の肘を左手で持って左肩の方へ引いてきま
  す。この時、右手を左肩の上に通すストレッチ と左の脇の下に通すストレッ
  チ と、両方行うことをお勧めします。筋肉が伸びて、一番気持ちいいと感じら
  れる角度を探すのがコツです。

c. 脇の下と体側面にかけてのストレッチ
  右手をまっすぐに上に伸ばしたら、肘を曲げて手を後ろから背中に持ってきます。
   そうしたら、左手で右の肘をつかんで軽く左側に引いて下さい。
  次に、その姿勢のまま身体を左側に倒します。反対側も同様に行います。

d. 背中の上の方から肩甲骨、肩にかけてのストレッチ
  身体の前方で両手を組んだら、手のひらを返して前方に押し出します。
    同時に、左右肩甲骨の間の背中の
  中心辺りを後ろに押し出す様に力を入れ、背中を丸くします。 ちょっと難しい
  かもしれません。強度を上げたい場合は、息を深く吸ったら息を止め、顎で肩甲骨の
  間の背中の中心を押す様に、首を前に曲げます。

 

HOME NEXT

(c)2004-2005 Shintaro Nakamura All Right Reserved.