§3 手のひらの筋肉のストレッチ
 

 手のひらの筋肉の主な作用は、指と指どうしをくっつけたり離したりすることです。また特に、親指の付け根に関して重要なことは、他の4本の指に拮抗する動きによって、物をつまむ動作をするということです。

 手のひらの筋肉を使う場面としては、左手では指の開きを調節して音程を作ることが主たる作用で、補助的に弦を指板に押し付ける作用があります。右手では弦を弾くのに補助的な作用をします。親指の付け根の筋肉については、左手でネックを握って弦を押さえる力の支点となり、右手では指板に親指をかけて人差し指と中指を安定して動かす為の支点となります。

 

さて、ストレッチです。
a. 最も簡単なストレッチは、人差し指と中指でチョキをつくり、指の股にBassのネ
  ックを挟んで上から下へスライドさせましょう。 これを同様に中指と薬指、薬指と
  小指と順番にスライドさせます。

b. 次のストレッチは、両手をパーに開いて両手の指の腹を、親指は親指と云う様に同じ
  指同士でくっつけます。そして、両手でお互いに押し合う様に力を入れます。
  更に、指の根元までピッタリとくっつけて、両手で押し合う様に力を入れます。
c. 手のひらを少し伸ばしたい時には、先ず指をお互いの指の股に入れます。
  そうしたら、一方の手でもう一方の手をぐっと押し込む様に力を入れます。
  手のひらの真ん中あたりに伸びる感じがあれば成功です。

d. 親指の付け根のストレッチは、野球の審判のアウトのゼスチャーの様な手の形にしま
  す。そしてもう一方の手で、親指を後ろに反らす様に力を入れます。 親指は
  広い範囲で横に振ることが出来ますから、横に動かしてみて一番伸びる感じのすると
  ころを探るのがコツです。

 

★ちょっとイイ、マッサージのやり方
手のひらは、マッサージの方が気持ち良かったりしますので、簡単に解説しておきましょ
う。

a. 指については、指の根元から指先に向かって、指の腹と背をつまんで軽く揉んでゆき
  ます。 揉めない場合はつまむだけでも結構です。必ず根元から爪のところま
  できちんと揉んでください。但し、関節のところは強く押さないで下さい。次に指の側面
  をつまんで、  根元から指先に向かって揉んでゆきます。これを全ての指で
  行います。この時、指を引っ張りながら揉むと、より効果的です。

b. 手のひらは、普通に親指で揉んで構いません。少し変わったやり方としては、指をお
  互いの指の股に入れて、手を組む形にします。片方の手で手のひらを伸ばす様に押
  し込んだら、親指を使って指圧をします。 手のひらの伸びている筋肉や、手
  のひらと手首の境の辺りを指圧するといいと思います。
c. 右手の薬指と小指の股に、左の親指を挟みます。 挟んだ親指を反らす様に
  押し込んだら、右の親指で左の親指の付け根を指圧します。 この時、左手
  の小指側をお腹にくっつけて固定し、手のひらを反らす様に押し込む様に力を入れる
  のがコツです。持ち替えて、両手とも行って下さい。漢方によれば、この親指の付け根
  の弾力性をみることで、その人が長生きできるかを調べるといいます。弾力性があ
  れば勿論良。(出典『図説東洋医学基礎編』学習研究社刊)Let's Massage!

 

■手指についての補足とマッサージの注意点
 指が曲がる各指節関節においては、その構造上、骨・骨と骨をつなぐ靭帯・関節を包む関節包・指を動かす筋肉と骨をつなぐ腱・腱を包んで保護する腱鞘・他に血管や神経といったものが狭いスペースに詰まっています。Bass Playにおいては、手指に多くの負担をかけます。例えば、弦を押さえる為に強い力を持続的に出しつつ速く動くという相反する動作を求められる、手指を酷使する状況と言えます。
 よって指節関節部において、激しい動きによって先に挙げた各組織同士でストレスが加わり、関節部に炎症が起こることがあります。指をマッサージすることで指の血液循環を助け、指を引っ張ることで関節周辺にかかる各組織同士のストレスを緩和する作用を期待することが出来ます。
 関節部のマッサージは、強い圧をかけてしまうと関節部の各組織を破壊してしまう危険性があります。唇をつまんでみて下さい。つまんで痛みの出ない程度の力が、関節部での押圧の強さの限界と考えて下さい。指の腹や、関節と関節の間の肉が柔らかい部分については、気持ちイイと思える程度の押圧で良いと思います。

 

HOME NEXT

(c)2004-2005 Shintaro Nakamura All Right Reserved.