§2 手のひらを開く側の筋肉のストレッチ
 
 手のひらを開く為の筋肉を意識することは、手のひらを握る時よりも少ないでしょう。この筋肉は、左手では弦から指を離す時に、右手では弦を弾いたあとで元のポジションに指を戻すのに使います。つまり、力を入れる時に使う筋肉ではないので、Playerに意識されることは少ないと思います。しかし、早いパッセージを弾いた時には、元々それほど力のある筋肉ではありませんので、筋疲労を感じる部分でもあります。
 この筋肉は、肘を真っ直ぐ伸ばしたり、ジャンケンでパーをつくる時に使うのが主な役目です。机に肘をついた状態で手のひらをパーにしてみましょう。すると、肘の日に焼けている側(解剖学的には外側または橈側)が固くなるのがわかりますね。ここにその筋肉があります。演奏中にこの辺りが疲れたことはありませんか? この辺りが疲れると、指が持ち上がり難くなり次のポジション、次の動作への準備が出来なくなってしまいます。(橈側:前腕の橈骨と尺骨という骨に由来する医学用語。橈骨のある側、親指側)

 

さてストレッチに移りましょう。

a. まず、右肘を身体の側面にピッタリとつけ、次に右肘を曲がる所まで全部曲げます。
  この時、手のひらは胸の方へ向けて下さい。そして手を軽く握ります。
b. 次に左手で、右手の手首を曲げる様に、右手の甲を押してあげます。肘から
  手首にかけて、気持ち良く伸びていることを確認して下さい。

c. 今度は、手の甲を押していた左手を指の第2関節(指先から数えて2番目に曲がる関
  節)の所にもっていって、手首を曲げる様に押してあげます。この時指は力を抜いて、
  押される方向に自然に曲げて下さい。

d. 最後に、左手で右手に指の第1関節(指先から数えて最初の関節)の所を、手首を曲
  げる様に押して下さい。

 このストレッチのコツは、一本づつ指を曲げたりして、伸ばしたい箇所をうまく当てること
 です。また、親指については、Bassを弾く動作にこの筋肉は直接関与しておりませんの
 で、割愛致します。

 

もの足りずにもっと伸ばしたい場合

a. カンフーの蛇拳のポーズ風に肘を身体の側面にピッタリとくっつけ、肘を曲げるところ
  までは同じです。
b. 次に、手のひらを胸の方ではなく、前の方に向けます。

   その後の動作は全て前述のストレッチと同じです。

 

HOME NEXT

(c)2004-2005 Shintaro Nakamura All Right Reserved.