§1 手のひらを握る側の筋肉のストレッチ
 

 手のひらを握る時に使う筋肉は、左手で指板に弦を押さえつけたり、右手で弦を弾く時に使います。手のひらを握る時に使う筋肉は、手のひらだけにあるわけではありません。実はその主だったものは、肘から手首にかけての前腕と云われるところに付いているのです。腕をだらんと力を抜いた状態にして、グーの拳をつくってみましょう。 すると肘の近くの筋肉が動いていることが分りますね。それも机の角等に肘を当てるとビーンと痺れてしまう側(解剖学的には尺側または内側と言う)ですね。手のひらを握る側の主だった強い筋肉は、この前腕部の筋肉が動いている辺りにあります。
 
 そして手首の近くでは、この筋肉が堅いスジ状の腱に変わって指先に続いています。握り拳をつくると、手首のところに堅いスジが何本も浮かび上がります。これがその手のひらを握る作用をする筋肉の腱です。ですから指は、肘の辺りに付いている筋肉の伸び縮みをヒモ状の腱が操り人形の糸の様に手繰ることによって、動いているのです。

 

前置きが長くなりました。それではストレッチに入りましょう。

a. まず右腕を手のひらを下に向けて、水平に前に延ばします。
b. 次に左手を使って手のひらを手の甲の側に、右手の指が真上を向くように手首を曲
  げます。  この時肘は伸ばしたままにしておいて下さい。
  右の手のひらは力を入れずに、脱力した状態で行います。
c. 伸ばしている時に、肘の内側から手首にかけて、気持ち良く伸びていることを確認し
  て下さい。
d. 最初に手のひらを持って手首を曲げたら、次は人差し指から小指までの4本の指を持
  って、最後に4本の指の先端を持って曲げる、と云う様に段階的にストレッチの強度
  を上げて行きます。
e. 親指についても、同様に手のひらを下に向けて腕と肘を延ばした状態から、左手で手
  の甲の側に曲げる様に伸ばして下さい。 この時、前腕部の中程から手首、
  そして親指の付け根のプックリとした部分(母指球という)が伸びている事を確認しま
  す。
f. 右手と左手を入れ替えて、同じことを繰り返します。

 

もの足りずにもっと伸ばしたい場合

a. 更にストレッチの強度を上げたい場合には、手のひらを上に向けて肘と腕を延ばしま
  す。そしてもう片方の手を使って手のひらを手の甲の側に、指が真下を向く様に手首
  を曲げます。 後の手順は先程と同じです。

更に強度を上げたい場合

a. もっとストレッチの強度を上げたい場合には、「もの足りずにもっと伸ばしたい場合」と
  同じ動作をまず行います。

b. 次にストレッチをしている側の手のひらを外側に(右腕ならば時計回りに、左腕ならば
  反時計回りに)回旋させます。 よりストレッチ感が強くなるのを感じてもらえる
  はずです。

 

♪Bass Playerの左手の為の補足編♪
Bass Playerの左手は、指先から一番目と二番目の関節を曲げかつ力を入れて使うので、もう一つのストレッチを追加しておきます。これは深指屈筋という骨のまわりの深いところにある筋肉で、主に指先から一番目と二番目の関節を曲げる働きをしています。

a. 左肘を曲げて体側面につけたら、手のひらを上に向けます。ウェイターがお盆を持つ様な格好です。

b.
 次に、右手で左手の指先を持ったら、手のひらを返すように下に向けてグッと押し込みます。この時、前腕
  部の真ん中辺りから手首にかけての辺りが伸びていることを確認して下さい。

c.
 余りやり過ぎると、手首の辺りがピリッとして痛めてしまう場合があります。ゆっくりと力を入れるように注意
  して下さい。

 

HOME NEXT

(c)2004-2005 Shintaro Nakamura All Right Reserved.