マトリョーシカ(お土産の定番)   フィルハーモニーコンサートホール

 

ハ バ ロ フス ク 編(11/16〜19)

 どうしてこうハプニングが絶えないツアーなんだろう。ユジノサハリンスクからハバロフスクへ向かう朝、なんと 雨!この日の最初のハプニングは空港から始まった。空港待合室から飛行機まで約200mほどをしかもどしゃぶりの中、ベースを抱えて歩かされたのだ。とにかく飛行機の翼の下まで目指して、限界のある早や歩きで敢行したものの、楽器はずぶぬれ。せっかく前日まで乾いたいい音になっていたのに、もう最悪の事態となってしまった。ただ、2時間ほどのフライトの間にとりあえずケースは乾いてくれたのが少し救われたけど。

 ハバロフスクは−8℃。ハバロフスクの11月の平年気温は−20℃で、今回のこの訪問時は異常暖冬。なんと有り難いことか!それでも今回の訪問先でもっとも北に位置する都市なだけあって、これまでと寒さの質が違った。ここで第二弾、飛行機を降りてターミナルビルまでバスに乗ったんだが、これがまた変な所に連れて行かれ、この地でお世話になる領事館の副総領事のサッキー(山崎氏:彼の場合、10分でサッキーと呼ぶようになった)に会えるのに30分近くかかってしまい、みんなロシア語はまったくの‘0’。しかも回りのロシア人も英語が同じく‘0’。言葉にどこも接点がないのでこの30分間は長かった〜〜。
   
教会:夜のライティングがま
たいい!
  八重洲口の駅舎のようですが、
酒屋です
  教  育  大  学
   
アパートで1階はスーパー
黄色のテントはピロシキの屋台
  土 産 物 屋 さ ん
ここでマトリョーシカを購入
  通 り の 様 子

 ハバロフスクはこれまでのファンキーな2都市とはぐっと違って、ヨーロッパを思わせる大変美しく、清潔感のある町で、あまりの美しさに慣れないデジカメでやたら建物や風景を撮ってしまった。(上の写真)

 日本からだと2時間半ほどの所なのに全くヨーロッパで、こんな近くにこんな所があるなんてびっくりした。ここで食った本場のピロシキも美味かったなあ〜!
 
揚げピロシキ(屋台):7種類
揚げたて、最高でした!!
  こんなにもたくさんの種類の 焼きピロシキ

 この日の移動は早朝から始まった分、夕方までやっと自由な時間が持てて、観光と買い物でみんなで盛り上がった。中でも、街の中心を流れる かの アムール川がほぼ凍っていて、それでもゆっくりとミシミシ音を立てて氷が移動していく光景はまさに圧巻だった!! なにせ、ハンパじゃない寒さなんで長居も出来ず、待望の買い物と市内めぐりをした。デジカメのメモリーがいくらあっても足りない感じ。
ア ム ー ル 川 : 向こうに見えるは中国との国境ライン

 この日の夕食もこれまたゴージャスの極め。ロシア料理のレストランでホストは楠本総領事。京都出身の方だったので、それはもうコミュニケーションは完璧! 実はこの夕食会は当初総領事の公邸で行なう予定だったんだが、水道の断水で急きょ変更で、ウラジオストクも同様で、極東ロシアの水道管は大変な老朽化でしょっちゅう止まるそうだ。もうみんな慣れっこになってて対応も実に迅速。ここで、ご馳走になった、カニサラダにジュリヨンとペリメニは感無量!!! ほんまに幸せ
   
カ ニ サ ラ ダ   ジ ュ リ ヨ ン   ペ リ メ ニ

 食後、外に出ると夕方から降っていた雪で街はうっすらと雪化粧。これにまた、街の明かりがたまらなくいい感じで、寒いのにみんなで少しだけお散歩。
 
ハバロフスクのメインストリート   ライトアップされた教会
左から:サッキー,私,岸,総領事,田中(レストラン ロビー)

 この幸せはどこまで続きどこまで登りつめるのか、もう底知れない感じ。連日のこれまでの7日間が幸せながらも休まる時間がなかったので、この日の休息はもう言葉で言える喜びを超えていた。

 いよいよハバロフスクでの2日間の公演の開始。会場となるフィルハーモニーコンサートホールはクラッシック専門のホールで、気品がありとても美しいホール。2日間とも同じ場所での公演で、移動的には最後に一番楽な状態だったので良かったんだが、なにせ楽器(Bass)が丸一日ホテルの部屋で乾かせたとはいえ、やはりこれまでのような感動的な音色には戻らず、少しやるせない心持ちでのスタートだった。相変わらず公演日はテレビ,ラジオ,新聞社等の取材が引っ切り無しで、開演時に気持ちを集中させるのは中々難しいものがあった。それでもハバロフスクでの初日の演奏は、バンドとして今回のツアーでの一番の出来だったかもしれない。この初日を終えるまでは、翌日同じ場所なだけに、いまいちな演奏だと二日目が‘ない’ので、みんなかなり集中していたように思える。まあ、前日の‘喜び’が後押ししてくれてた所もあるかな。
   
ダリテレビの取材インタビュー   ホール内の天井:シャンデリアが
ほんとに美しい!!
  開場直後。至る所に彫刻がある
   
ハバロフスクでの初日の演奏:
その @
  その A   その B

 公演最終日。この日は午前中に音楽学校を訪問し、セッションに質問会にと交流を深め、前日のコンサートにも多くの生徒が来ていたらしく、かなりの関心度で質問攻めにあった。
   
音 楽 学 校 に て   生徒の質問を受けているところ   サックス,シンガー,ドラマーなど入り
乱れてのSession

 コンサート会場に戻って、めずらしく取材等のスケジュールがなく、開演まで少し時間があったので、歴史博物館に美術館巡りをすることにしたが、写真,ビデオはかなりの高額なチャージを要求されたので、1枚もシャッターは切りませんでした。という訳で写真をお見せする事が出来ません。それでもまだ時間があったので、自由に街をぶらぶらすることにした。この日はやや暖かく−4℃。いつもそうなんだが通訳の方が必ず周辺にいてくれて、手を上げるとサッと来て取り持ってくれてるんだが、この時も街の説明にと個別に付いて来てくれて、ちょっとした買い物でも何の不自由もなく、全てがスムースでこの上ない‘国賓扱い’をここでも堪能させてもらった。(もう二度とないよねえ、国賓なんて)
 
ぶらっと寄ったカフェテラス   もう何を食っても美味い!
いやマジで!!(約400円)

 前日、頑張った甲斐あってか、会場はまたしても立ち見の出る事態で、超満員の中、いよいよ最終公演を向かえることとなった。

 初日からずっ〜〜〜とそうだったんだが、ステージでの岸ミツアキのスピーチはいつも素晴らしかった!(すでに亡くなられているが)親父さんが旧ソ連時代に抑留されてた話,色々あって無事日本に帰ってこれた話,息子(ミツアキ)にピアノを習わせた話,子供の頃、親父さんがよく唄ってくれたロシアの歌にまつわる話とアカペラでの熱唱,そして縁あって今回ロシアに来れた話,全てがパーフェクトで、メンバーもスタッフも観客も、全員心に深く突き刺さる感動的な話を毎公演見事にやってのけたは、心底しびれた!! 演奏の方がいまいちピリッとしない日でも、この話がコンサート全体をぐっと引き締め、内容のある公演になったのは言うまでもない。心から、ミツアキとみゆきちゃん、そしてオヤジさんに‘ありがとう’を言いたい。

 それにしても、この最終日は辛かったなあ。これで終わりで明日帰るのかと思ったり,いやこんな事を考えていたら音楽がダメになるから振り払おうと努力するが、やれどもやれどもますます音楽どころじゃなくなってきて全然いいサウンドになっていかないし,また焦るし,別れの涙は出てくるわ,でも全6公演、目一杯やれたかもと少々の満足感があったり,でももっとここに居たいと思ったりと、もう心の中は超スクランブル状態!! 最後の曲を終えて聴衆全員が一斉に総立ちになって、口笛にブラボー!!!に割れんばかりの拍手をもらった時は、もう言葉で言える次元ははるかに超えていた。

 ロシア公演がこんなにもなるなんて夢にも思わなかった。当初、話があった時は軽い観光気分でタダで行けるんならいいかみたいな程度で受けたんだけど、ロシア語やロシアの曲を勉強したり、打ち合わせのミーティングがあったり、徐々に気分も自然と盛り上がっていって、現地に到着してからは、まるで導かれているかのようなこの流れ!! 公演終了後はいつまでも涙が止まらず、控え室でただボッーとひたすら過ごしてしまった。

 ようやく立ち上がって機材の片付けをし、最後の公演会場となったフィルハーモニーコンサートホールのステージから客席,ロビーに至るまで不覚にも別れを惜しんでしまった。 

 それでも打ち上げになったら、いつものいい加減なJazz Men にみんな戻っていたのが、何と言うか、‘ごめんなさい’っていう感じで、さっきの涙と今のボケ・ツッコミはどこでつながるのと間違いなく質問されそうなこの落差を領事館の方々はきっと理解できなかっただろうなあ。

 ホント、VIPな旅だったぁ〜〜〜〜!!! サッキーが最後、ホテルの部屋でのバンドのメンバーとスタッフのみの打ち上げにまで付いて来てくれて、いつまでも,何度も繰り返し、「最高だった!」を連発していたのはこちらとしてもかなり嬉しかった。

 帰国の途につくロシアでの最終日は、ホテルをチェックアウトし、お昼過ぎまである自由時間を買い物と市場見学に費やした。どことな〜く寂しさを隠し切れない感じで市場を歩いていると、体格のいい男性が近づいてきて、「おまえ達、日本から来たJazzのプレイヤーだろう? 今朝テレビで見たよ!!」と言って握手を求められ、その後仲間に大声で知らせて小さな人だかりができるハプニング。まだロシアは終わっていなかった。ドラムの田中ヒロシは、すでに朝、ホテルのテレビで見ていたらしく、ハバロフスクではちょっとした有名人になってしまっていたようだ。日本でもそうだけど、マスコミの 力 はえらいものだと思ってしまった。ちょっと思いたくない部分もあるだけにキモ複雑な一瞬だったけど、絶対的に喜びが上回っていたので問題はなかった。

 何もかも、全てが超VIPな経験を大量に、いよいよ帰国の途に。笑いあり,涙あり,試練あり、何かバランスまでもがVIPだったなあ。帰りはフライトの関係で韓国で一泊。ここでもまた焼肉で一盛り上がり。そして翌日の成田行き、ビジネスクラスでのご帰国と、最後の最後までへたることなく夢の12日間を終えました。
お つ か れ さ 〜 ん !!!!!

 

HOME NEXT
(c)2003-2004 Shintaro Nakamura All Right Reserved.