オクチャーブリ劇場:11/14   ホルムスク文化会館:11/15

ユジノサハリンスク編(11/13〜15)

 心底幸せなウラジオストクの4日間を後に、次の公演地 ユジノサハリンスク へ移動した。ここの空港は飛行機を降りていきなり空港の外に出さされ荷物が出てくるまで、建物の中に入れないという、暖冬だからいいようなものの平年気温ならここで凍りついて終わってしまっている所(この日は−3℃)。でもここは国賓。この地でお世話になる元木さん(1時間後にはモッキーになっていた。ウラジオストクでもそうだったんだが、直接我々の面倒を見てくれる人は実は副総領事という大変おえらいお方。その方をつかまえて、トミー,モッキーなんだから、厚かましいというか,ずうずうしいというか,自然体というか、それでも皆さん笑顔でこちらのノリを受け入れてくれて、とても明るく接してくれました。)にお会いするや否や、荷物が出てくるまでバスの方でと直ぐに案内され、荷物が出始めるとお手伝いのバイトの方々が次から次へと指示通りに動いてくれて、なんと楽ちんなことか!

 空港から会場の下見を済ませホテルに向かう途中、お腹がすいたと言えばモッキー(元木さん)がすぐさま運転手に指示し、いわゆるコンビニに行って買い出しを済ませ、外に出て、乗ってきたバスを探そうと首を左右に振ろうとしたその時、少し離れた所でエンジンのかかる音がしたかと思うと、我々の乗ってきたそのバスがゆっくりと目の前まで来て横付けし、計ったかのようにバスの扉が プシュー と音を立てて開くではないか! もう最高、絶品!!

 夕食は チョールヌィ コーシュカ(黒い猫)というロシア風ヨーロッパ料理のレストランに行った。ロシアでは黒猫を見かけるといい事が起きると言われ、縁起のいい動物とされているそうで、ヨーロッパの「悪魔の使い」という感覚とはかなり違っているみたい。ここで出てきたホタテとトルコ料理のクスクスがこれまた絶品!ロシアの食い物はあまり良くないと聞いていたが、ウラジオストクでもそうだったんだが、もっとも連れて行ってくれる所がいいのも事実だが、どこに行っても関西人も納得の味で食生活はめっちゃ充実していたなあ。
チョールヌィコーシュカ(黒い猫)で食ったホタテ
クスクスは出てくるや否や写真を取る間もなく食ってしまった。それくらい美味かった!

 緊張と寒さの連続の5日目で少し風邪気味になりかけたが何とか踏ん張りユジノサハリンスクでの初演を向かえることとなった。初日の会場はステージもあるいわゆる昔風の映画館で約800人のキャパ。今回は地元プレイヤーとのセッションはなく、単独公演で少し‘入り’の方が心配だったんだが、開けてみると立ち見が出るほどの盛況で、リーダー 岸ミツアキ の発案でロシアの曲を更に増やし、メドレーでアレンジしステージングにより厚みを加え、ウラジオストクの初日と同様、真っ白けっけの新人のような面持ちでこの日の演奏をスタートした。ベースの音は乾燥のせいで、もう日本に居る時とはまったく違う音に変わり、シャープで温かく、近くでうるさくなく遠くまで音がよく通り、ピッチまで取り易いというオマケ付きで、これ以上ない夢のような音になってきて、またしても帰りたくない要因が一つ増えてしまったのだった。

 バンドは更にいい感じになり、これならそう恥かしくないだろうと思える状態になってきたのだが、1st Setを終えた所でロシア(ユジノサハリンスク)の人の反応は、一言で言えば もの静か。休憩中3人でこの厳しさを噛みしめながら、それでも尚ひるまずに2nd Set をやろうと心に誓い合ってステージに向かったが、やはり淡々と進むことに。正直、ちょっと辛かった。今日はダメかと思い少々あきらめムードで最後の曲を終えた。 が、その時・・・、さっきまでの静けさが ウソ のような、またしても割れんばかりのスタンディングオベーションと拍手喝采が始まったではないか!それもずっ〜〜〜と鳴り止まず!! 現地のロシアの文化局長がさっとステージに歩み寄り、マイクで聴衆を沈ませ、アンコールをと会場をコントロールして頂き更にもう1曲。演奏終了後、これでおしまいのアナウンスを入れたのだが、この時、とんでもない事態が起こってしまった。なんと100〜200人の聴衆がステージに握手とサインを求めていきなり上がってきたのだ。野球やサッカーで優勝を決めた時に観客がドッとグランドに繰り出すのとまったく同じ勢いできたものだから、ただ呆然と立ちすくみ、しばらくしてサインをし始めた所、スタッフがとっさの判断で身を呈して楽器をプロテクトしに来る位、もみくちゃにされながらのサインのおねだりの山。とんでもない数のサインをした。岸ミツアキ曰く、「10年分や〜!!」。まさにその通りだった。ウラジオストクでもあんなにいい思いをしたのに、また違った感激をもらってしまった。
   
オクチャーブリ劇場:ステージから
の様子
  ステージとの段差は2段しかない   アップライトの予定が白のグランドピアノに

 結局、この日も大盛況,大成功で終わり、公演後のレセプションでまたしても地元の方々の温かく,純粋なおほめの言葉を頂き、ロシアの文化局長の音頭でカンパイをした所、全員がウォッカを一気に飲み干したのだ。うかつにも飲めない私も小さなウォッカ入りのショットグラスを手渡されていた為に、多数の注目の中、一気に飲むハメになった(国際親善なんで引くに引けなんだ)。結果は言わずと知れた瞬間ノックダウン!大量の水とたくさんの果物を無理やり飲み込み、横になったり外(−6℃)に出たりを繰り返し、中和に約1時間半。レセプションがお開きになるまで一切戻る事はできなかった。<教訓:(私の場合)ロシアでのウォッカ入りのショットグラスには気をつけろ!
> ほんと、参りました。

 ユジノサハリンスクでの二日目の公演は車で2時間ほど北へ走った人口3万人ほどの小さな町ホルムスク。会場は500人ほどのキャパの文化会館。この日は小雨かみぞれの降る中、週末の土曜日とあって、さすがに観客は少なかった。ここでのハプニングはなんと言ってもトイレ。そもそもロシアのトイレ事情は良くないと聞かされていたのだが、中でもここはハンパではなかった。3つしかない所に、1つは扉が開かず、1つは水が出ない、残る1つは水は出るが扉がないのだ。しかも和式風便器。恥かしいが、実に Openな用足しだった。この日もバンドは好調で少ない聴衆にもかかわらず、温かく一生懸命な拍手をしてもらった。驚いたのは、終演後PAの人がいつの間にか隠しとっていた我々の演奏を、すぐさま会場内に流し始め、それも演奏時よりもでかい音量で、20〜30人の人達が昔 Jazz 喫茶で腕組みをして聞き入っていたのと同じような体勢で聞き入っていたこと。クレームを出すというより、もう好きにして下さいと引き下がるしかなかった。国際親善,国際親善とみんなで日本語でブツブツ言いながら会場を後にした。町にJazz の同好会のようなものがあるそうだが、恐らく音源が中々入ってこないんだろうと思われる。
   
ホルムスク文化会館の会場内   劇場内にあるバレエの練習部屋
(さすがにバレエの国)
  会場内に張られていたポスター
 
演奏前のセレモニー   演  奏  中
セレモニーで頂いた記念プレート

 とにもかくにもここでも足跡を残し、翌朝6:00 最後の公演地 ハバロフスク へ向け飛び立った!!(めちゃくちゃ楽しいけど、スケジュールがきつかった。)

ロ シ ア 語 講 座

ホーアドナ        : さぶ〜(寒い)
   ギャグがさぶい時でも使える。(これは
 関西人限定かぁ、えらいスンマヘ〜ン)
スパコイナイ ノーチ   : おやすみ
イズビニーチ(エ)    : すいません

HOME NEXT
(c)2003-2004 Shintaro Nakamura All Right Reserved