ウラジオストク編  −後 編 −

 公演初日、日中の気温は−3℃(夜は−7℃)。地元のバンドは殆んどがJazz Rock 系、いわゆるフュージョン,16Beat の音楽で、その為かリハの時の最初のPAの音量は信じられないくらいでかい音で、ベースアンプのボリュームも 1 前後と、殆んど‘生’の状態でやることを音響屋さんに説明して判ってもらうまでが少し大変だった(通訳の方も音楽の専門用語までは知らなかったのも一つだけど)が、ある程度時間が経つと理解してくれたのか、とてもアーコスティック感のあるいい感じになった。

 やることはやった、準備は全てこなしたつもり。そんな中でも尚、アーコスティックな音楽に耳の肥えている聴衆にどう受け入れられ,どう受け止められるのか、ほんと、久し振りに緊張したなあ。 そしていよいよ1曲目の‘ 枯 葉 ’をスタートした。 し〜と静まり返った会場に我々のアーコスティックなピアノトリオのサウンドだけが響き渡り、無我夢中で挑んでいった。 数分が経ち、岸ミツアキのソロが終わった瞬間、先ほどまでの静寂な空間が信じられない大拍手喝采と声援に変わり、嬉しいというよりビックリで、それでも尚無我夢中でベースソロに突入し、多少のざわめきが残る中、ベースソロの終わりでまたしても大爆発的な拍手を頂き、さらに大きくなったざわめきの中、ドラムとの掛け合いを終え、1曲目を終了した時点で、とんでもない会場一体となったリアクションを浴びた時、「ロシアに来れて良かった」と心底思った。しかし、あまりの無我夢中だったので初日のステージが終了するまでは、この1曲目の断片しか覚えていない。後は全曲を終えた直後のスタンディングオベーションとブラボーの声援に、満席の一体となった拍手喝采を頂きながらも、その後続いていく公演のことがどうしても頭の中にあるので、‘嬉しいが喜べない’状態でアンコールを頂いたくらいしか覚えていない。感覚的にこちらの出来栄えは恐らく50%程度だったと思うんだが、ロシア(ウラジオストクの市民)の方々はどう捕らえ,思ったのか、とにもかくにも信じられないような声援を頂き、何が何だかよくつかめないまま、なんとか初日の公演を終える事が出来た。今だからこそ言えるが、あんなリアクションと声援は生まれて初めて! 領事館の総領事をはじめ、職員,スタッフ,現地ロシア人の文化局長,音楽学校関係者etc.、ありとあらゆる方々に最上級の賛辞を頂く事が出来たのが ほんと めちゃくちゃ嬉しかった!!
 
公演初日:始まって間なし(ゴーリキ劇場)   終演後、関係者より祝福を受ける(中央:岸,右端:総領事)

 公演二日目は、ホテルの近くにある‘青年劇場’。この日は地元の2バンドが前座を務め、1st Setの後半から登場し、15分程の休憩をはさんで2nd Set と最後に‘Summer Time’で地元プレイヤーとセッション。 前日、あまりの衝撃的な体験にさらなる寝不足を上乗せして、この日のコンディションもいいとは言えないが初日に比べて少し落ち着いてやれたかな。 聴衆の方はというと、前日の反響のうわさを聞きつけた人ともう一度聞きたい人がどっと押し寄せ、500人程度の中ホールにもかかわらず、文化交流という名目があるので入場を断る訳にもいかず、かなりの立ち見の人でごった返し、800人以上の観客の中、あり難い事に前日に負けないくらいの大反響で、この日も感動的なスタンディングオベーションを受けた。リーダーの岸ミツアキのステージ上でのロシア語もぐっと様になり、ステージングの方も方向性が持てるようになり、何よりベースの音(楽器自体の音色)がこの日から変わり始め、ドラマーの田中ヒロシのプレイもシンプルでセンシティブないい感じになり、音楽の方も楽しめるようになってきた。終演後、ウラジオストクの文化局長(かなり横幅のあるかっぷくのいいロシア人)に、絞め殺されるんじゃないかと思うほど ハグ され、おまけにねっとりとしたお汁付きの キス をほおにされたのは、嬉しい事ではあったが、少々 キズ ついたかもしれない。とにもかくにもウラジオストクでの2日間の公演を無事終える事が出来た。
 
公演2日目 青年劇場にて   ジャムセッション Tpはアンドレ・ルーカシュ

 ウラジオストクでの三日目の行事は音楽学校訪問。その前に市内視察で、こちらの行ってみたい所にいくらでも要求に答えてくれて(なにせ国賓なもんで)、展望台に教会,ペットショップにカフェテラス,少々の土産物を買って日本にもようやく国際電話をし、学校に行く直前に待望のロシアの人が冬になるとかぶる例の分厚い毛皮の帽子をGetした。そして いざ 学校へ。この日から帽子は肌身はなさず状態!
   
展望台からの眺め:金角湾    教 会(ロシア聖教)(中
で唄われていた賛美歌の
ピッチは見事だった!)
  G e t  ! !

 学校の小ホールでは200人ほどの生徒が集まり、7割近くの学生が初日または二日目の公演を見に来ていたみたいで、なんかアイドルになったような歓迎で、これまた日本では絶対にないことだなと思いながら生徒達とのセッションや質問コーナーのやり取りをし、岸ミツアキはCDを、私は著書のベースラインの本を贈呈した。
 
音楽学校:ドラムスは生徒   校長室           (ベースラインの本 ↑)
左から,私,ヒロシ,アリョーナ,ミツアキ,副校長,トミー,校長代理

 2時間ほどの訪問の次は総領事の公邸での夕食会に招待され、この二日間のJazzトリオの評価を色々な分野の方々がスピーチし、この時初めて知ったのだが、極東では海外からのJazz Bandは歴史上初めてでかなりの関心があったようで、この日も余りあるお言葉の連続。 前日(二日目)のライブを誰が取ったのか、写真付きでCDに焼いて、我々トリオにプレゼントで頂き、ウラジオストクの方々の暖かいこの上ないもてなしに、3人共ポケットからハンカチを取り出し、感極まって、ただただスパシーバ(ありがとう)を何度も言う事しか出来なかったなあ。

 やっとのことで少し気を取り直し、ようやく立食のパーティーがスタートし、お腹が空いていたので奥のテーブルまで行ったら、これがなんと生まれてこの方見たことも無いようなゴージャスな料理の数々。ひとまずお皿一杯に手当たり次第満タンにし、ペロリとたいらげまた御代わりを頂こうかと思った所に、昼間に訪問した学校の生徒,先生,その他ロシアの方々が通訳の人をたずさえて質問攻めの開始!すぐ側のめちゃくちゃ美味い食い物を横目に、親善で来ているので ぐっと こらえて約1時間。やっとのことで質問も一段落した所でテーブルを見ると、もう料理はほとんどなくなっていた。

 お開きの前に硬くなったサンドイッチを3切れほど食べ、総領事を始めとする領事館のスタッフのみによる歓談が始まり、今回の公演ツアーのなれそめ話を聞いたり、今後の文化交流の話や、この三日間の報告をしたり、でも大変有意義な時間をここでも過ごさせてもらい、正直四日目というこの時点でもう帰りたくないと思ってしまった。それほど暖かく向かい入れ,受け入れて頂き、ロシアに来れて良かったと、どれほどみんなで口をそろえたことか。ホテルに戻るまでの間、想像出来なかったとはいえ、ロシアがこんなに温かい所(気温は低いけど)とはと、その話題で持ち切りになった。
公邸にて:お腹は満たせなかったけど最高に幸せなひとときでした!!

翌日はさらなるハプニングが待ち受けてるユジノサハリンスク(11/13〜15)へ。

ロ シ ア 語 講 座

ロシア語の‘はい’は、 ンダ〜(まったく東北弁と同じイントネーション)。
関西弁にも英語で同じような発音で同じ意味になる語(言葉)があるが(ゆう
て〜み〜 → You tell me)、ロシア語の‘はい’は東北と寸分
も違わないまったく同じだったのは笑えた笑えた!!

正 式 に は ;

は  い        : ダー
い い え       : ニエット
そうそうそうそう   : ダダダダー

HOME NEXT
(c)2003-2004 Shintaro Nakamura All Right Reserved.