ゴーリキ劇場:初日 青年劇場:二日目

ウラジオストク編 −前編−

これほどまでに盛り沢山で、VIPな公演ツアーはもう二度とないだろう!!!
 11月9日(日)新潟空港 15:40発、ウラジオストク航空でいざロシア(ウラジオストク)へ!飛行機に乗るとほんのわずかの日本人にほとんどのロシア人。機内はほとんどロシア文字。
だいたい前日に今回のツアーの全てのチケットがようやく郵送されてくるというギリギリのタイミングで、ほんとに行けるのか少々疑っていたのだが、機内のロシア語のアナウンスにロシア文字のお知らせを目にしたら、一気にいよいよって感じで、メンバー共々「乗り込むぞっ!」という気分になった。

 約2時間ほどのフライトで現地時間の夕方6:30頃にウラジオストクに到着。−3℃、さすがにひんやり。日本の真冬時の装備で降り立ったので寒さはそうでもなかったけど、通関を済ませるまでは自力でやっていかないといけないのだが、英語なら何とかなるが、なにせロシア語はちんぷんかんぷんで、初めて New York に行った時を思い出すほど、言葉の壁を久々に感じてしまった。
 ようやく全員通関を済ませ出口に出た所で、領事館の富岡さん(この後、3時間後には‘トミー’と呼ぶようになった。),通訳のアリョーナ(小柄ながらすごくかわいいロシア人。即バンド内の人気者になった。)にご対面!!ちょっと、いやかなり ホッ としたかな。
トミー&アリョーナ&私

 楽器車にドラムセット,ベース,アンプ,スーツケースを乗せ、マイクロバスで市内へ。市内まで約40分の時間を利用して車内で今回のツアーの細かなスケジュールの打ち合わせを始めかけた所、大渋滞に突入。ここでいきなりロシアを見せてもらった。片側2車線の計4車線の道なんだが、渋滞の方が勝手に3車線をぶん取り対抗車線は自動的に1車線。トミーの説明によると週末別荘に行く人が多く、日曜日はその帰りでこの道はほぼ毎週こうなるとのこと。しかも市民の勝手な判断一つで車線がこのような状況になってしまうらしい。日本では絶対に見られないこの事態。スケジュールの話をつい忘れ、その光景に気を取られてみんなで騒いでいたら、なんと数台後ろのトラックが残りの1車線に飛び出して走行を始め、またしても全員感嘆!
 
 「いくらなんでもあれはないやろ」と言っていたら、5,6分経って、そのトラックが正面衝突で事故ってたんには、もう言葉がなかった。さらに通訳のアリョーナの話によると、毎週この道は3〜4つの事故があるらしい。でも長年居るとこのスタイルが合理的で、事故れども市民がこうするのは理解できるようになると説明を受け、もうこの時点で「ロシア」は想像がつかなくなってしまった。ロシアに一歩を印して1時間も経たない出来事なだけに、全員今回のツアーは どうなってもしかたない,どうなるかは全く想像できない と痛感してしまったのだ。

 結局スケジュールの話はそっちのけで、目の前の渋滞の話題で盛り上がり、約1時間半ほどかけてホテルに到着。通関手続きやら渋滞やらでこの時点で夜の10時前。ホテルは ベルサイユホテル といって三ツ星クラス。それでもウラジオストクとしてはかなりいい方のホテルで、ロビーも(よく知らないが)いかにもロシア風で、正直チェックインして部屋の中は
 

 いい感じだった。ゆったりとベースも置けたし、水道水がサビ臭くてうす茶色という以外は言う事なしだった。お腹も空いてたのでみんなでホテルのすぐ近くのロシア風ヨーロッパ料理のレストランに行ってまずはDinner。全員、前菜,メイン,サイドディシュと3品づつほどオーダーしておいて、30分ほど入念に今回のスケジュールをようやく打ち合わせ、いいタイミングで前菜が出てきたのだが、次のサイドディシュが来るのに約30分、最後のメインが出てくるのに更に30分と、ここでも初めての経験をした。降り立ってから既に大小10以上の初体験に遭遇しているのにもう湯水のごとく次から次へと未知の体験の連続。食事を終えてレストランを出たのが夜中の1時前。 考えられます? 正直、呆れて物も言えなんだ!

 部屋に戻ってスーツケースを開け、楽器の点検を済ませ、シャワーを浴びて、持ってきたペットボトル(500ml)の水を飲んだ所、一気に8割方飲んでしまいどれほど空気が乾燥しているかを思い知ってようやく就寝。すごい初日やった!! 本番は次の日からというのに、さすがに興奮しているのか翌日早くから目がさめ、いきなり寝不足での公演初日を向かえることになって、でも後から思うとこれはほんのイントロに過ぎなかった。

 公演初日、なんと会場に朝の9時入り。トミーの助言で、ロシアは何があるかわからないからということで、余裕に余裕を持って、朝の8時に朝食をみんなで一緒に済ませ、ホテルから会場まで車で15分と近いのだが、向かった。前日は夜だったので2,3気付いたのはあったが、明るい所で車の往来を見ていると、なんと日本車の多いことか!しかもその殆んどがどうやら中古車で、漢字にひらがなにカタカナにと、日本文字で書かれた企業名,商店名のボディのロゴに電話番号までそのままという始末で、何よりびっくりしたのが信号が殆んど無く、車の割り込み,十字路,T字路、どこもかしこもそれぞれの勢いと自由な発想による走行スタイルで、車のマナーは完全に大阪,New Yorkを上回っていた!
 
 アッいう間というか、たっぷりというのか、15分ほどのファンキーなドライブで公演初日のゴーリキ劇場に到着。 年輪を感じる劇場で、バレエ公演なんかにもよく使われるのか、奥行きが深くそこらかしこに舞台に使う道具が散乱し、大変おもむきを感じた。
   

 この会場は900人ほど入るホールで、日本でいう中ホールクラス。5つの地元のバンドが前座を務め、その後に 岸 ミツアキ トリオ が演奏、そして最後にみんなで Jam Session という予定でリハを開始したのだが、前日の話では各バンド1曲ずつという話が、結局2曲ずつとなり、とりあえず地元バンドのリハをやってもらうことになったのだが、これがまた一バンド2曲のリハが長〜〜〜〜〜〜い! しかたなく一度ホテルに戻って休むことにして再度昼過ぎに会場に戻ってきたのだが、まだ3バンド目のリハ中で、みんなで会場の周辺をぶらつくことにした。
 
 ロシアの女性は美しいと聞いてはいたが、それは本当だった。街角で見かける人の殆んどがスタイル抜群で美人。しかもハデめのデザインの色あいの服がまたよく似合ってて、野郎(というよりトリオ)は皆、奪われてしまった。わぁ〜わぁ〜言いながら海岸まで来たらなんと潜水艦を発見。中を見れるというので50ルーブル(約200円)を払って見学。通訳のアリョーナはガイドということで無料。このシステムは日本も真似ていいんじゃないかと思う。
   
街 の 様 子   通りすがりの焼き物市   潜水艦 C-56(Cはエスと発音)

 かなりうろうろして会場に戻ったのだが、これで丁度頃合いで、ようやくセッションの打ち合わせ。ステージでこうだあ〜だですったもんだで1曲(B♭のブルース)やるのに1時間近くかかった。
 公演が夜の7時スタートで朝の9時入りと聞いた時は正直「なんで?」と思ったけど、この時点で夕方の4時。サッサッサッとこちらのリハを済ませ、この後テレビ局の取材に、アポなしの新聞社とラジオ局のインタビューを終えたらもう6時半。確かに9時入りで正解だった!

 50分ほどの地元5バンドによる1st Set がスタートしたが、実際は1時間を軽く越えてしまっていた。そしていよいよロシアでの初の演奏!リーダーの岸ミツアキも、私も、ドラムの田中ヒロシも、みんな何だかすごい緊張で、クラッシック バリバリのロシア人に押し潰されそうな雰囲気の中、ステージへ向かった。

ロ シ ア 語 講 座

ピ ア ノ     : ロ イ ヤ ル
ベ ー ス    : コ ン ト ラ バ ス
ド ラ ム ス  : バ ラ バ ン ニ ェ

HOME NEXT
(c)2003-2004 Shintaro Nakamura All Right Reserved.