Profile

  ― Full Vervion ―

1956年生 神戸出身
18
才でピアノを始め19才の時にベースに転向。21才でプロ入りし、藤井貞泰(P)トリオ、中山正治(Dr)カルテットに参加後、1982年に渡米。New Yorkでの数々のセッションの他、ウディー・ショー、ジュニアー・クック、ケニー・ギャレット、ジョー・ジョーンズJretc. 一流のプレイヤーとも共演し1984年に帰国。
藤井、中山両氏のグループにも再参加の他、自己のグループの活動も開始、
 1985年リーダーアルバム『Evolution』<84N.Y.録音 フィーチャリング大野俊三 (Tp)>をストリートノイズレーベルよりリリース、その後関西の各グループのレコーディングにも数々参加。
 19884月よりテレビ朝日「夜のAタイム」に9ヶ月間レギュラー出演、その他CMにも役者として出演(1年間放映)
 1990年に松永千家子(Vo)のメモリアルアルバム『スリーピングビー』<N.Y録音ケニー・バロン(P)、べン・ライリー(Ds)>にベースプレイヤー&アレンジャー(全曲)として参加。
 1994年にはテレビ朝日「ジャズナイト」にハンク・ジョーンズトリオで出演。
 1997年上京し、1998年にはスイスのモントルージャズフェスティバルに出演。
 1999年 著書『実例ジャズベースランニング104 @D(全5巻)』をリズムエコーズ社より出版。2010年に同書をサーベル社より再版。
 200311月、日露文化交流の一環で、親善大使として 岸 ミツアキ トリオのメンバーの一員でロシア公演を行い、その好評から2004年10月及び2006年3月にもジャズフェスティバルでのアンコール公演を行った。

2012年 著書『Singin’ Swinging  Vol.1』(ジャズコーラス・女声3部)をサーベル社より出版。2013年に同書Vol.22014年にVol.3を出版。
  現在は、ボーカルグループBreeze(アレンジャー兼任),中村 真トリオ,Jun斉藤トリオ etc.のレギュラーの他に関西、名古屋、首都圏は元より全国的に幅広く活動している。



 これまでの主な共演者 
 ハンク・ジョーンズ, シダー・ウォルトン,ケニー・バロン,

ウォルター・デイビ  スJr., ノーマン・シモンズ, サディック・ハキム,

ジョン・オニール, リッチー・バイラーク, ミッシェル・ペトルチアニ,

マーク・ソスキン, カーク・ライツィー,マルグリュー・ミラー,

ベニー・グリーン,横山 静子 etc.  以上(P
ハワード・アルデン(G) 以上(G
 ウディー・ショー, ジェリー・ゴンザレス,ロイ・ハーグローブ,

ウィナード・ハーパー, テッド・カーソン, 大野 俊三,

ウォーレン・バシェ  etc.  以上(Tp
 フランク・ウェス, ケニー・ギャレット,シー・シャープ, スタンレー・タレンタイ
   ン, グローバー・ワシントンJr, ジュニアー・クック, ハリー・アレン etc.  
   以上(Sax
 ミッキー・ロッカー, ジミー・コブ, アル・フォスター,ハロルド・ジョーンズ,
   ジョー・チェンバース, カール・バーネット,ケニー・ワシントン,

ケンウッド・ディナー, ベン・ライリー, アルバート・トゥーティー・ヒース,

ジョー・ジョーンズJr, ジミー・ラブリス,  ジミー・スミス,

トミー・キャンベル, マービン・スミティー・スミス, 田井中 福司,

ジェフ・ハミルトン,グラディー・テイト etc.  以上(Dr.)
 サリナ・ジョーンズ, エブリン・ブレイキー,サンディー・ブレイヤー etc
   以上(Vo
 その他国内の殆んどの著名なプレイヤー



   

           

*「更新」ボタンを押すと新しい写真が出てきます。
*写真をクリックすると大きくなります)



oooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo

― Short Vervion ―


1956年生 神戸出身
18
才でピアノを始め19才の時にベースに転向。21才でプロ入り。1982年に渡米。New Yorkでの数々のセッションの他、ウディー・ショー、ケニー・ギャレット、etc. 一流のプレイヤーとも共演し1984年に帰国。
 1985年リーダーアルバム『Evolution』<84N.Y.録音 フィーチャリング大野俊三 (Tp)>をリリース。

1994年 ハンク・ジョーンズトリオでTV出演
 1997年上京し、1998年にはスイスのモントルージャズフェスティバルに出演。
 1999年 著書『実例ジャズベースランニング104 @D(全5巻)』を出版。
 2003年、2004年、2006年日露文化交流の一環で親善大使として 

岸 ミツアキ トリオのメンバーの一員でロシア公演。

2012年 著書『Singin’ Swinging  Vol.1』(ジャズコーラス・女声3部)を

サーベル社より出版。2013年に同書Vol.22014年にVol.3を出版。
 現在は、ボーカルグループBreeze(アレンジャー兼任),中村 真トリオ,

Jun斉藤トリオ etc.のレギュラーの他に関西、名古屋、首都圏は元より

全国的に幅広く活動している。
 

oooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo

― Very Short Vervion ―― Very  Short  Version ―

1956年生 神戸出身。21才でプロ入りし、関西で活動開始。1982年に渡米、1984年に帰国。
1985
年リーダーアルバム『Evolution』<84N.Y.録音>リリースを皮切りに数多くのアルバムに参加。
1997
年上京し、1998年にはスイスのモントルージャズフェスティバルに出演。
2003
年、2004年、2006年日露文化交流の一環で親善大使としてロシア公演。

著書   :  『実例ジャズベースランニング104 @D(全5巻)』
         Singin’ Swinging  Vol.123』(ジャズコーラス・女声3部)

現在は、ボーカルグループBreeze(アレンジャー兼任),中村真トリオ,
Jun斉藤トリオetc.のレギュラーで活動している。


Shintaro Nakamura(Bassist)

Born in Kobe, 1956, Shintaro Nakamura has made his professional debut at the age of 21 and initiated his active career in the Kansai region. 

In1982, he moved to New York where he lived until 1984.
In 1985, he released his first album as a leader entitled, "Evolution" which was recorded in 1984 in New York City.
After his stint in New York, he returned to Japan and relocated to Tokyo in 1997.
In 1998, he performed at the prestigious Montreux Jazz Festival in Switzerland.
In the following years of 2003,2004 and 2006, he was part of the Japan - Russia cultural exchange program as it's ambassador and performed in Russia numerous times.

He has published a number of educational books such as,

"Practical examples of jazz bass running 104 Volume 1~5"
"Singing, Swinging Vol. 1.2.3"

He is currently an active member of vocal group BREEZE and is also the arranger for the group.
In addition, he holds the bass chair of Makoto Nakamura Trio and Jun Saito Trio.