B B B S
Bass PlayerのBass PlayerによるBass Playerのためのストレッチ(Stretch)

この年になるとそこらかしこに傷んできて、丁度生徒で専門家がいたので診てもらってたら、これが実に有効で、今若い人もいずれは同じ道に差し掛かってくるんだし、経験豊富な方は既に差し掛かっているだろうしと思い、この機にUPすることにしました。Bass Player以外のパートの方もこのストレッチを参考にボディメンテナンスをプログラムするのも十分可能だと思います。
ということでご紹介致します、生徒の 尾崎徹 君です。
尾 崎  徹
プロフィール
不逞の弟子兼鍼灸マッサージ師
斗星堂クリニック理学療法室勤務
 
 以下は全て彼に任せて作成致しました。尚、ご質問等はTOPページのMailから「尾崎徹宛」もしくは「BBBSについて」とか「ストレッチ宛」のようにして投稿して頂ければ、本人の方から返答もしくは説明をして頂けるとのことなんで遠慮なく書き込んで下さい。
ただ、BassPlayer以外のパートの方の場合、それぞれの楽器の細部に関わる事に関してはやや専門外になる可能性がありますのでこの点はご了承下さい。(ま、それでも親切に教えてくれると思いますが!)
尚、写真をクリックして頂ければ大きく見れます(み・に・く・い点は重ねてご了承下さい)

                                 新       太       郎

Bass PlayerのBass PlayerによるBass Playerのためのストレッチ(Stretch)

ストレッチは疲労した筋肉を引き伸ばすことによって、筋肉の緊張や痙攣をやわらげ、血行を促進して細胞内の疲労物質の代謝 を高め、筋肉疲労の回復を早める働きがあります。

§1 手のひらを握る側の筋肉のストレッチ §2 手のひらを開く側の筋肉のストレッチ
§3 手のひらの筋肉のストレッチ §4 肩と肩甲骨周辺のストレッチ
§5 腰について §6 Bass Playで痛みがでたら

 

■注意事項■
@ストレッチを行う場合は、ストレッチの動作をすることによって、どの辺りが伸びているのかを常に意識 しながら行うことが重要です。
  疲れている筋肉が伸びている事を確かめながら、ストレッチを行って下さい。
Aストレッチの強度は、必ず段階的に強めるようにします。また途中で、心地よい痛みではなく痛い「痛み」を感じたら、直ちにストレッチ
  を中止して下さい。
B 必ず息を吐きながら筋肉を伸ばします。そして「伸びてるなぁ〜」と感じたら「1、2、3、4、5」と数えて静止し、緩めます。
  この繰り返しです。
C 過度のストレッチは、筋肉や関節、腱などを傷める危険もはらんでいます。炎症を起こしてしまえば元も子もありません。
  「気持ち良く伸びている」感覚を指標として、それ以上のストレッチは絶対に避けて下さい。

(c)2004-2005 Shintaro Nakamura All Right Reserved.